• はまなす法律事務所

遺言公正証書の作成件数

こんにちは!

札幌市白石区のはまなす法律事務所です。

街を歩いていると、雪虫がたくさん飛んでいます。

雪虫の姿を見ると、冬がすぐそこまでやって来ているのを感じます。

10月17日には手稲山で初冠雪が確認されました。

もうすぐ平地でも雪が降りそうですね。

さて、今回は、日本公証人連合会が作成した

遺言公正証書の作成件数の推移を見ていきたいと思います。

みなさまが相続対策を考えるきっかけになれば幸いです。

平成19年 7万4160件

平成20年 7万6436件

平成21年 7万7878件

平成22年 8万1984件

平成23年 7万8754件

平成24年  8万8156件 平成25年  9万6020件 平成26年  10万4490件 平成27年  11万0778件 平成28年  10万5350件 平成29年  11万0191件 平成30年  11万0471件 令和元年  11万3137件 令和2年  9万7700件 令和3年  10万6028件

(参考:日本公証人連合会ホームページ

https://www.koshonin.gr.jp)

このデータのとおり、作成件数は年々増えており、 相続への関心が高まっていると思われます。 令和2年に減少している理由として考えられるのは、 新型コロナウイルス感染拡大の影響や、 相続法の改正により、自筆証書遺言を法務局で 保管できるようになったことが関係しているのかもしれません。 遺言公正証書は、公証人が関与するため、 内容や形式面での不備が発生することを防いだり、 紛失の防止等というメリットがあります。

一方、手数料の発生や、証人の手配等が必要になるという

面もあります。

当事務所でも遺言作成のお手伝いをしておりますので、

お気軽にご相談頂ければと思います。

閲覧数:11回0件のコメント

最新記事

すべて表示

こんにちは、札幌市白石区のはまなす法律事務所です! 札幌市では11月16日に初雪を観測しましたね。 平年より15日ほど遅い観測だったようですが、 冷え込む日もあり、冬の気配が感じられます。 これから本格的な雪のシーズンを迎える北海道ですが、 路面状況等が悪くなると心配なのが交通事故です。 北海道の令和3年度版交通安全緑書によると、交通事故の 月別発生状況では12月が最も多く895件。 負傷者数も1

こんにちは、はまなす法律事務所です! 最近は朝晩と冷え込むようになり、 紅葉の季節になってきましたね。 紅葉の見頃は、秋の気温が低いと早まり、 高いと遅れるそうです。 9月の気温は全国的に平年より高かったものの、 今後の紅葉見頃時期は平年並みだそうです。 北海道では、層雲峡や定山渓などは、すでに見頃を迎えて いるとのこと。 お休みの日は紅葉を見にドライブに行ってみるのも いいですね!

こんにちは!はまなす法律事務所です。 すっかり秋の空気になってきましたね。 連休前半は雨が降り続いていましたが、 最終日の25日は雲ひとつない快晴となりました。 この先2週間ほどは晴れの日が多くなる予報が 出ています。 秋のレジャーを楽しむにはもってこいの気候です。 道内では、10月31日のハロウィンに向けて、 観賞用カボチャの出荷が最盛期を迎えています。 巨大カボチャや手のひらサイズのかわいらし